障がい福祉事業

  1. ホーム
  2. 障がい福祉事業

児童発達支援・放課後等ディサービスぽっかぽか

児童発達支援とは

障がいをお持ちの未就学のお子様を対象にした通所訓練施設です。 療育や機能訓練に特化した施設、もしくは、幼稚園や保育園の代わりに、ほぼ毎日通う施設として、児童発達支援のサービスを利用するケースがあります。

放課後等デイサービスとは

主に小学生以上から高校生までの学校に通っている障がいを持ったお子様が学校の帰りや土曜日、日曜日、祭日などの学校休業日や夏休み、冬休みなどの長期休暇に利用する通所訓練施設になります。

児童発達支援とは 児童発達支援とは

保育園と高齢者ディサービスが併設されております。

年齢や障がいの有無で区分される従来の福祉施設と異なり、赤ちゃんからお年寄りまで、
また障がいや認知症の有無にかかわらず、世代を越えた交流を行う社会共生型デイサービスを
目指しております。

必ずしも障害者手帳などの交付を受けている必要はありません。
お子様に療養が必要かどうかが基準になります。お気軽にご相談ください。

一日の流れ

基本的な日常生活の動作と言語習得、集団生活の適応、集団遊戯療法、 感覚統合等、生活能力の向上、社会的交流、感覚統合等。

児童発達支援 放課後等デイサービス
10:00 順次登園
・健康チェック
・おやつ
自由遊び
・ブロック、おままごと、ぬりえ、ボール遊び
設定遊び
・製作活動(折り紙、お絵かきな)
・散歩
・園庭遊び
・水遊び
・リズム遊び など
14:00 送迎・登園
・健康チェック
15:00 主活動
・工作
・学習支援
・運動
・レクリエーション
・手芸 など
12:00 お迎え 18:00 送迎
※時間外・送迎応相談

ご相談・ご見学 随時対応いたしております。
御気軽にお問い合わせください。

児童発達支援ぽっかぽか放課後等ディサービス
旭川市忠和6条6丁目3-25
ぽっかぽか保育園2F

お問い合わせは

障がい福祉事業部
TEL 0166-73-8945